About Us

 Harumoniaからのメッセージ

"スピリチュアル"は特殊なものではありません!

 

"スピリチュアル"という言葉が浸透し、身体だけでなく、心にも関心が集まる時代になりました。
ほんの少し前までは、宗教と混同されたり、カルトと間違われたりしていましたが、今では、身体のケアと共に心のケアもとても大切であるという認識がなされるようになりました。

同時に、ここ数年は"スピリチュアル"という言葉が独り歩きした時代でもあります。
多くのメソッドや手法、情報が発信される中で、歪んで伝わってしまっている事柄もたくさんあります。

" スピリチュアル"という言葉は「スピリット」を語源とする言葉だということを考えると、実はそんなに特殊なものでもありません。日本語では「精神」と訳さ れます。もう少し意味を広げて、「霊(たましい)」であるとか「こころ」などと考えることもできるでしょう。そしてそれらを客観的に観たとき、誰にでも備 わっているものであることに気づきます。
スピリチュアルという言葉を冒頭につけたカウンセリングやヒーリング(癒しの手法)は、実は特殊なもので はなく、こうした精神や霊(たましい)、心の側面へのアプローチをする、ということなのです。除霊や交霊など、修行を積んだ霊能者の方々が霊的な技術を用 いて行う手法を勘違いされることがありますが、本来はそうではないのです。

Harumonoiaという名前は「調和」を意図してつけられました

調和というと、社会性や集団性と解釈される方も少なくないと思います。誰かとの調和...協調性、他人に合わせること...と理解している方のほうが多いのではないでしょうか。

しかし、他人と調和を図るために一番必要なのは「自分自身の調和」です。
自分の心と身体がバラバラで、思ったように行動できなかったり、考えていても体が反応しなかったり...そんな状態では他人との調和はとても難しいものになってしまいます。

そ ういうことに気がつかずに、なんとか無理やり自分の外側との調和=協調を図ろうと知るとき、我慢が限界を超えてしまったり、無力感に襲われたり、身体が心 で考えていることを拒否したりして、病気の状態になってしまったりしやすいものです。東洋医学ではよく「病は気から」といいますが、まさにここ数年爆発的 に増えてきている「うつ病」はその典型のような気がしてなりません。

自分自身を調和することがまず必要

Harumonia では、もともと「スピリット」の部分に特化したメニューを提供してきましたが、本質に立ち返り「一人ひとりの心と身体の調和」を目指して、2009 年~2011年の間、方向性を整備し、資格技術を習得し、コンテンツを変更してきました。心と身体の療法が健全であり、バランスが取れていると、人は本来 持っている自分自身の可能性や才能を余すところ無く発揮できる...2006年に"スピリチュアル"の世界で仕事をはじめて以来、そんなシーンをたくさん 目の当たりにしてきました。病気から開放され、望んでいたものと出会い、満足のいく、納得のいく生き方に変化していく人生を何人もの方に見せていただきま した。

けれども、いつもどのような変化も、ご自身が望み、行動しなければ起こりません。
ご自分の心も身体も、リペアできるのはご自身だけなのです。
例えばヒーリングや整体によって、一時的に良くなっても、自分の生活習慣や思い癖を変えようとしなければ元に戻ってしまいます。

 

 

 

綺麗な言葉を並べ、不思議なグッズを集め、特殊でものめずらしい"スピリチュアル"の世界に浸るのは、とても楽しいことですが、それだけでは人生は変化していきません。
他人任せ、モノ任せの"スピリチュアル"を卒業して、ご自身のスピリチュアリティーをもっともっと磨いていきませんか?

自分と向き合い、自分の体の声を聞く。
どこが疲れているのか、何が大変なのか。
どんなことが心地いいのか、どのように休みたいのか。

自分と向き合い、自分の心の声を聞く。
何が負担で、何が苦手なのか。
どんなことに心動かされ、幸せを感じるのか。

そうして自分で自分のことがよくわかったとき、自ずと道は開けてきます。
何をしたいのかが見えてくるし、どう生きていきたいのかがはっきりとわかります。
調和された健全な心と身体が、他人との調和も生みだしていくのです。

本来の自分を発見し、調和され、自分の生き方を見つけ出すきっかけをご提供させていただきたいと思っています

私たちが肩代わりして何かを引き受けるのではなく、どなたもご自身で心と身体を調和し、道を決定することができるよう、その方法をレクチャーする、きっかけをつくるというのが私たちのできることです。

 

 

癒し効果にこだわったサロン

せっかくのサロンが、あまり波動の良くないコンクリートに囲まれ、騒音や電磁波にさらされて居心地が悪いというのはいただけません。店舗作りの基礎からとことんこだわって「癒し」を取り入れました。

床 下、地面は風水の考え方に基づいて四角と対極穴を掘り、炭と塩で地盤調整を。それぞれの場所には水晶を埋め、結界としました。地面には細かく砕いた水晶を 撒き、その上にコンクリートの床を打ちます。混和材を添加し、粘りを良くして、乾燥や経年変化によるヒビ割れに対処します。混和材を混ぜたコンクリートは 乾くと非常に滑らかでキメが細かく、ヒビ割れから放出される内包物の悪影響を防ぐ効果があります。

床は垂木を入れて数センチ高さを上げて断熱材を。これだけで隙間風や寒さ暑さ、騒音まで防いでくれます。サッシは防音を考慮してペアガラスにしています。

壁 はクロス仕上げが一般的ですが、下地に炭が原料の特殊な塗料を塗り、その上に粘土が基材の塗料を重ねています。下地の塗料と天然素材の壁の相乗効果でマイ ナスイオンが発生、部屋に充満します。さらに断続的にマイナスイオンの効果を持続させるため、地中に埋設した特殊なアダプターを連結しています。このアダ プターのおかげで建物内は常にマイナスイオンに満たされています。

居るだけで癒される空間をぜひ体感して下さい!

 

 

定商取引法に基づく表記

 

サイト名 Trinity CARE Harumonia
代表者 岩田明珠
住所 〒509-0141 岐阜県各務原市各務おがせ町9丁目209-1-101 MAP
TEL&FAX 058-370-5680
業務内容 カウンセリング・ヒーリング・リラクゼーション整体・スクール・雑貨小売など
※医療行為となる診療行為及び診断は一切行なっておりません
サービス料金 HP上に記載
お支払い方法 ご予約後前払い(お振込み)または当日直接受け渡し・銀行振込など
お支払い期限 前払いの場合はご予約から1週間以内
ご返金の対応 ご予約キャンセルとなった場合、7日前からキャンセル料を申し受ける場合がございます(サイト内各サービスの概要、規約などに記載)
※事前にお振込みを頂いた場合、キャンセル料とお振込み手数料を差し引かせていただいた金額をお客様口座へご返金いたします
※セッション後のご返金はできません
屋号またはサービス名 Office Harumonia
メールアドレス info☆harumonia.biz
※送信時は☆を@に変えて下さい
ホームページアドレス http://office-harumonia.biz/

 



投稿日:2017年2月1日 更新日:

Copyright© Trinity CARE Harumonia , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.